Webアートディレクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

Webアートディレクター

どんな職種?

Webサイトを制作するプロジェクトチームを統括

Webサイト制作にあたり、とくにデザイン表現を中心に指揮を執る仕事。顧客からヒアリングした要望を基に、コンセプトやデザインのトーンを提案する。印刷物と異なりさまざまな仕組みや映像などを使用するWebサイトでは、単に見た目の美しさや格好よさだけでなく、機能性やページ読み込みの速度を考慮して容量を軽くする必要があるなど、デザインに加えてプログラミングに関する知識も求められる。リーダーシップを問われる仕事であるため、Webデザイナーとしての経験を積んだ後になるケースが多い。

こんな人におすすめ!

Webデザイナーなどと共に、デザインを創り上げていくリーダーシップのある人

クライアントが納得のいくデザインを提案するための、プレゼンテーション能力に長けていることや、Webデザイナーなどと共にデザインを創り上げていくことが多いため、進行全体の管理能力が必要となる。また、Webデザイナーの業務内容を理解しているだけでなく、HTMLなどの知識を習得する必要もある。

Webアートディレクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、情報学 通信工学、デザイン、美術、写真など
  3. 採用試験就職先:広告代理店、Web製作会社、各企業の広報部、フリーランスなど
  4. Webアートディレクター
  • Point1

    デザイン関連のスキルがあることを重要としている会社が多いため、Webデザイナー検定を取得していると就職に有利である。

  • Point2

    Webデザイナーとして就職後、経験を積みWebアートディレクターとして活躍する人が多いため、まずはWebデザイナーを目指してスキルを磨くといいだろう。

「Web」に関する他の職種も
チェックしてみよう!