キーボーディストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

キーボーディスト

どんな職種?

ソロやバンド演奏だけでなく作曲やアレンジでも活躍する

キーボードプレーヤー、キーボード奏者とも呼ぶ。ピアノやオルガン・アコーディオンなど鍵盤楽器の種類は多数あるが、キーボーディストは一般的にポピュラー音楽においての電子鍵盤を扱う人を指す。演奏する楽器は、シンセサイザーや電子オルガンなどさまざま。キーボーディストがソロで演奏・ライブを行うこともあるが、バンドのメンバーや歌手の伴奏者として活躍する人が多い。シンセサイザーなどは、音を自在に変化させることができ、パソコンとの相性もよいため、作曲家やアレンジャーとして活躍するキーボーディストも多い。演奏力だけでなく音色を変えながらの表現力も求められる。

こんな人におすすめ!

キーボードの演奏技術に加え、音色を調整する表現力とバランスが求められる

キーボードの演奏技術、音楽理論に関する知識が必要だ。時として異なる演奏のオーダーに対しても、臨機応変に演奏できる対応力やアレンジ力も求められる。また、協調性も重要なスキルの一つ。演奏する楽曲に合わせた音色を作る表現力とバランスも必要だ。ポップスやジャズなど幅広いジャンルの演奏ができると仕事の幅が広がるだろう。

キーボーディストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、音楽、教養学など
  3. 採用試験就職先:音楽学校、音楽スタジオ、楽曲制作会社、フリーランスなど
  4. キーボーディスト
  • Point1

    音楽系の大学や専門学校でキーボードだけでなく、シンセサイザーの基礎知識を学んでおくと音色作りや、実務にも生かすことができる。知識だけでなく、自分の扱いやすい楽器に出会うことも重要だ。

  • Point2

    学校卒業後は、バンドを組んで活動することをはじめ、サポートミュージシャンやスタジオミュージシャン、ソロで活動するなどが挙げられる。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!