ファッションアドバイザーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

ファッションアドバイザー

どんな職種?

ファッションアドバイザー

ブランドショップの方向性を提案するプロデューサー的な役職

ファッションアイテムの企画やプロモーション方法を提案する職種。ブランドやショップのコンセプトづくり、商品の仕入れ・販売手段・広告戦略など総合的に携わることができるため、プロデューサー的な役割といえる。大手のアパレルメーカーでは商品開発の部署に配属されることが多く、ヒット商品や流行を生み出すために欠かせない仕事だ。自らバイヤーも兼ねて買い付けに飛び回るケースもある。一般的な販売員を指してファッションアドバイザーと見なす企業もあるが、売場での豊富な販売経験が重視される傾向にある。

こんな人におすすめ!

最新ファッションへの嗅覚とマーケティングセンスが重要

まず最新ファッションへの関心が高く、好奇心旺盛な人に向いている。さらに、マーケティングからデザイン、販売促進まで多角的な視野が必要。消費者のニーズの変化を読むことが成果に直結するため、店頭での販売がキャリアのスタートになる場合も多い。顧客の嗜好をくみ取るスキルや会話力、ディスプレーのセンス、在庫管理能力などに磨きをかければ、ファッションアドバイザーへの近道になるだろう。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

ファッションアドバイザーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美容、服飾・被服学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:アパレルメーカー、ブティックなど
  4. ファッションアドバイザー
  • Point1

    「ファッション販売能力検定」「ファッションビジネス能力検定」の資格を取得すれば、ファッションアドバイザーへの入り口となる販売員として採用されやすい。

  • Point2

    販売員から始めて店長、マネジャーといった役職を経験し、スキルを身に付けるのが順当。小規模なブティックで多職種を兼任しながら経験を積む方法もある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「ファッションビジネス」に関する他の職種も
チェックしてみよう!