そのほかの音楽・舞台・イベント系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

そのほかの音楽・舞台・イベント系の職業

どんな職種?

海外の舞踊を演じる舞踊家。効果音を加工し演出する技術者

モダンバレエをはじめ、海外の舞踏を行う「洋舞踊家」。公演などを開き、舞台に立ちながら自らスクールを経営する人も多い。モダンバレエの場合は幼い頃から厳しいレッスンを続け、バレリーナを目指すか、ダンサーや舞踊家に転向する人もいる。こういった舞台では効果音も重要な演出の一つだ。舞台のみならず映画やテレビ、ゲームなどでたびたび耳にする効果音は「サウンドエフェクト」と呼ばれる。技術者が外録した原音などを加工し、臨場感あふれるサウンドを作り出す。舞台演出の出身者も多く、音響技術とセンスを問われる仕事だ。

こんな人におすすめ!

配属先に応じた順応性と依頼主をきめ細やかにフォローすることができる人

演劇や舞台を行う劇場内でのさまざまな仕事を担当するため、それぞれの配属先に応じた技術の習得や知識の理解に努力できる順応性が求められる。依頼主がどのような主旨でイベントを開催したいのかなど細かなところまでフォローできる人が向いているだろう。職場ではさまざまな職種の人との打ち合わせや交流も欠かせないことから、自ら意見を発信していける人ほど活躍できる職業である。

そのほかの音楽・舞台・イベント系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、映像、音楽、美術、デザインなど
  3. 採用試験就職先:劇団、制作会社、テレビ局、イベント興行会社、舞台会社など
  4. そのほかの音楽・舞台・イベント系の職業
  • Point1

    舞台や演劇に関する専門的知識のほか、衣装やセット、小道具などイベントに必要な備品の取り扱いと種類を把握しておく必要がある。

  • Point2

    劇団や制作会社での採用試験合格後、本採用されることで就業可能であるが、特別な技術やノウハウが業務に求められるため、数年単位での研修を受ける必要がある。