コンサートプロモーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第2弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第2弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

コンサートプロモーター

どんな職種?

コンサートプロモーター

プロモーションプランと、各地の興行のマネジメントの責任者

広告代理店やレコード会社からの委託、自ら企画した興行で、収益が上がるコンサートにするべくマネジメントする仕事。予算配分の検討や集客見込みに合った会場の確保、出演者のメディア露出による告知などチケットの販売戦略を練る。また、警備計画を立て消防署へ必要な申請を行ったり、開催地での宿泊・交通手段・ケータリング・打ち上げを手配したり、コンサートグッズの販売管理、地元の後援団体との折衝を担当したりすることもある。観客動員数や収支を見誤ると赤字になるため、幅広い情報収集能力や人脈が必要。

こんな人におすすめ!

全体を見渡すことができ、情報収集と分析能力に優れている人

イベントの収益をあげるためには、適切な入場料の設定や観客数の動員予想など、さまざまな条件を調整する必要がある。そのためには、全体のバランスを考慮して戦略をまとめる能力が必要とされる。優秀なコンサートプロモーターになるためには、情報収集やデータ分析をもとに、適切な指示を出すことが重要となる。頭の回転が速く、計算が得意な人材が重宝される。

コンサートプロモーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、映像、舞台・演劇・舞踊学、ビジネス学、経営学など
  3. 採用試験就職先:コンサート制作会社、広告代理店、プロモーション会社、レコード会社、チケット販売会社など
  4. コンサートプロモーター
  • Point1

    イベントの収益の黒字化を目指す必要があるため、数学的知識やイベントにかかる経費に対する知識の習得が必要だ。会計系資格を取得しておくと業務に有利である。

  • Point2

    採用試験に合格し、入社したらまずは見習いとして活動する。コンサートプロモーターとしての本活動には数年単位での研修が必要となる場合が多い。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!