舞台照明になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

舞台照明

どんな職種?

舞台照明

光・光量・色彩を操り、ステージ上と客席を効果的に演出する

ホールや野外ステージにおいて、演劇やコンサート、ショー、公演会などの催事をライティングで視覚的に演出する仕事。最近はコンピューター制御のムービングライトの需要が高まり、プランナー、デザイナー、オペレーターといった照明スタッフはもとより、演者や演出家、装置家、カメラクルーらとの連携がいっそう必要となっている。芸術系大学や専門学校を卒業後に劇場や照明会社に就職するほか、アシスタントとして経験と実績を重ね、独立する人も多い。公益社団法人日本照明家協会による技能認定も実施されている。

こんな人におすすめ!

色彩感覚が豊かで、照明についての知識を兼ね備えている

舞台・会場の規模やイベントの趣旨を考慮して、舞台を盛り上げる照明演出ができる人材が求められる。そのため、多くの舞台演出を見て研究したり、照明に関する最新の技術を調べたりして、照明演出のバリエーションを多く知るなどの知識を蓄えておくことが大切だ。また、照明機器を操って観客を舞台の世界に没頭させるためには、優れた色彩感覚が必要。役の感情や物語の舞台となる季節などに合わせて、最適な色の組み合わせを選ぶセンスを身に付けておくとよい。

舞台照明を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学、美術など
  3. 採用試験就職先:イベント制作会社、音楽プロモーション会社、照明専門会社、劇団など
  4. 舞台照明
  • Point1

    イベント学科などを要する専門学校で学ぶのが近道とされる。照明機材もそろっていて実習の機会が多く、実際のライブなども担当できるカリキュラムもある。

  • Point2

    イベント制作・音楽プロモーション会社や劇団に舞台照明として採用される。劇団の場合は俳優を志していた者が舞台照明を担当することになる場合もある。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!