舞台演出家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

舞台演出家

どんな職種?

演技、照明、音響など舞台演出をプランニング

演劇の舞台演出プランを立て、出演者の演技をはじめ、舞台装置の配置や照明、音響などの効果を最大限に引き出す仕事。舞台監督や助手、役者、脚本などで経験を積んでから、主に劇団や劇場と契約するケースと、フリーランスで活動するケースがある。作品の印象や実績を決定付けるポジションであるため、アイデアや感性の豊かさや、人間的な魅力、リーダーシップが求められる。近年では演劇に限らず、大掛かりなスポーツイベント、開会式や閉会式など、活躍の場も広がっている。

こんな人におすすめ!

芸術的センスを持ち、自分自身の世界観を伝える能力がある

舞台の良し悪しを大きく左右する立場として、芸術的なセンスが優れていることは必須。舞台演出に関するあらゆることを決定するため、芸術への深い洞察力と知識が必要とされる。指示する際には、周りの意見を聞き入れる謙虚な姿勢や、自分自身の世界観を的確に伝える能力も求められる。

舞台演出家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、美術、音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:バレエ団体、ミュージカル劇団、イベント事務所、フリーランスなど
  4. 舞台演出家
  • Point1

    競争の厳しい世界のため、人とのつながり、コネクションを持つことが重要になる場合もある。裏方ではなく、役者としての知識や経験も重要である。

  • Point2

    インターンシップや講習会に参加したり、演出家助手として経験を積んだりする。劇団員として入団し、役者としてのキャリアを積んでから舞台演出家となる人も多い。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!