レコーディングディレクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

レコーディングディレクター

どんな職種?

レコーディングディレクター

録音現場での活動が中心で楽曲や人選を決め音源を作る

レコーディングプロデューサーのパートナーとして、ミュージシャン選定、楽曲選定、スタジオでの音源作りなど、より録音現場に近い分野で活動する。新人発掘なども行い、長期ビジョンでの育成、戦略も担う。この仕事は現場経験が重要なので、音楽大学、音楽専門学校などに通いながらスタジオなどの音楽系のアルバイトをして、現場に慣れると同時に人間関係のネットワークをつくっておく。まずはレコード会社、音楽制作会社、音楽スタジオなどで経験を積んで、ディレクターを目指すのが一般的である。

こんな人におすすめ!

楽器や録音の知識・技術に加え、現場をまとめるリーダーシップも重要

楽器や録音の知識や技術は必須だ。さらに、世の中やマーケットにアンテナを張って情報を収集する力も重要な要素である。常に全体のスケジュールを管理しながら現場をまとめられるように、リーダーシップを発揮できることや責任感の強さも求められる。良い作品を作るため、相手の意向を受け入れつつ自分の意見をはっきりと伝えるコミュニケーション能力が望まれる。

レコーディングディレクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、映像、美術など
  3. 採用試験就職先:レコード会社、CD制作会社、音楽スタジオなど
  4. レコーディングディレクター
  • Point1

    音楽系の大学や専門学校などで、レコーディングやミキシングに関する専門知識を学んでおくと現場で役に立つだろう。

  • Point2

    音楽大学や専門学校を卒業後、レコード会社や音楽制作会社に就職するのが一般的だ。すぐにレコーディングディレクターになれることは少なく、まずは現場でアシスタントから始める場合が多い。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!