PAミキサー・PAエンジニア(音響)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

PAミキサー・PAエンジニア(音響)

どんな職種?

PAミキサー・PAエンジニア(音響)

コンサート会場の音を高め最高に盛り上げる音の魔術師

PAエンジニアの仕事は大きく3つに分けられる。会場に流れる音を担当するPAミキサー(ハウスエンジニア)、舞台でミュージシャンが聞く音を担当するモニターエンジニア、会場の音響特性を考えるシステムエンジニアだ。会場の音と臨場感を高める、いわば音の魔術師ともいえる仕事。この職に就くには、音楽専門学校を卒業し、コンサート運営会社、PA会社に就職するのが一般的。大学生の頃から休暇を利用し、こうした音楽業界の会社でPA関係のアルバイト経験を積んで、音響の勉強をしておくと役立つことも多い。

こんな人におすすめ!

PA機材の操作技術と的確に音を調節するための伝達力が求められる

PA機器の操作方法や知識だけでなく、さまざまな楽器やマイク、アンプやエフェクターなどに関する知識も求められる。観客に聞こえる音(スピーカーから出る音)と、プレーヤーに聞こえる音(モニターから出る音)のそれぞれのバランスを調整するスキルが必要だ。また、スピーカーから出る音の状態を的確にプレーヤーに伝えられる情報伝達力も重要である。プレーヤーや監督がどのような音を表現したいのかくみ取る理解力も求められる。

PAミキサー・PAエンジニア(音響)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学、美術など
  3. 採用試験就職先:イベント制作会社、音響専門会社、音楽プロモーション会社など
  4. PAミキサー・PAエンジニア(音響)
  • Point1

    国家資格の「舞台機構調整技能士」のほか、関連する資格としては「音響技術者能力検定」「映像音響処理技術者資格認定試験」や「サウンドレコーディング技術認定試験」などがあり、取得を目指して勉強しておくと実務でも役に立つ。

  • Point2

    イベント制作会社・音響専門会社などに採用されてPAミキサー・PAエンジニアとなる場合が多い。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!