サウンドエンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

サウンドエンジニア

どんな職種?

サウンドエンジニア

別名、レコーディングエンジニア。録音現場と録音物の品質を管理

レコーディングエンジニアとも呼ばれ、録音スタジオが主な職場だ。録音機材をコントロールし、関係者が納得する音をつくり出すのが仕事。音楽を世間にリリースするにあたって欠かせない録音の職人といえる。歌手や演奏者の特性、テーマを考慮して使う録音機材を選ぶ。演奏音各音域のバランスを取り、調整を重ねてから録音する。楽器ごとに最適な音質を探り、全てのパートを重ねてミックスダウンでバランスを整える。最終行程のマスタリングでトータルの音圧などを微調整して完成となる。

こんな人におすすめ!

レコーディング機材に精通し、確実な耳とノウハウを持つこと

ミキサーやイコライザーといった幾種類にも及ぶレコーディング機材について、機能や操作法を熟知していること。メーカーによって特性が異なるため、それらを組み合わせて要望通りの音をつくるには相当な経験が必要。また、漠然とした注文を音に反映させなくてはならないので、ヒアリング力や理解力も肝心。録音現場もデジタル化が進んでおり最新機器の知識も求められる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

サウンドエンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:画像・音響工学、音楽、メディア学など
  3. 採用試験就職先:音楽事務所、音楽レーベル、レコーディングスタジオなど
  4. サウンドエンジニア
  • Point1

    音楽スタジオやレコーディングスタジオで働けば、実際に録音機材に触れるチャンスを得られる。「サウンドレコーディング技術認定試験」といった資格もある。

  • Point2

    サウンドエンジニアを養成するコースで、効率よくノウハウを学ぶことができる。講師のネットワークからスタジオなど就職先につながる場合もある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!