作曲家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

作曲家

どんな職種?

作曲家

さまざまな用途に向けて文字通り、曲を作るのが仕事

一言で作曲家といっても、クラシックから歌謡曲はもちろん、映画のサウンドトラック、CMソングなど作った曲が使われる用途は幅広い。どの仕事でも作曲料と別に印税が収入源となる。ほとんどの場合は、依頼主の要望や企画の意図に沿って曲を作ることになる。曲調、長さやボーカルの有無などを依頼主、スタッフとすり合わせてから、曲を作り譜面を書く。演奏はキーボードなどで弾く以外にパソコン上のDTM(デスクトップミュージック)ソフトを使うこともあるが、作曲家によって手段は異なる。

こんな人におすすめ!

基本的な演奏と作曲の論理を身に付けていないと行き詰まる

自分のペースで曲が思い浮かぶのを待つのではなく、仕事のオーダーによって納期を守って次々と曲をつくる。そのためには音符の構造を理解し、演奏技能を身に付けていること。一番大事なのは新たな曲を生み出すセンスと才能だが、日々あらゆるジャンル・タイプの音楽を貪欲に聴き、引き出しを増やしておく必要がある。サンプルやデモの音源を提出するため、録音機器が扱えることは必須となる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

作曲家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踏学など
  3. 採用試験就職先:レコード会社、映像制作会社、ゲームメーカーなど
  4. 作曲家
  • Point1

    音楽大学や音楽に関連した学部のある学校などで、専門的な知識を学びたい。独学で作曲する人もいるが、基礎は学んだ方がよい。

  • Point2

    就職して企業に所属する以外に、独自のデモ音源を持って売り込み、外注のフリーランスとして活躍する人も。ホームページで流れる効果音など、細かい仕事もある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!