作詞家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

作詞家

どんな職種?

人の心を捉える言葉とともにリズムにフィットした歌詞を作る

楽曲の歌詞を制作する仕事。時代性を描き、人の心を揺さぶり、同時に曲のリズムにもフィットする詞を作り、ヒット曲を目指す。ヒット曲が出れば、印税が入り高収入も夢ではない。作業は歌詞先行で作ることもあれば、曲に合わせて詞を付けることもある。昨今は歌手自ら作詞、作曲をすることもあるが、発表される楽曲が多いので作詞のニーズは減っていない。プロへの道は専門学校で技術を磨いたり、作詞家に弟子入りしたり、コンテストに応募したり、レコード会社に作品を売り込んだりすることで開かれる。

こんな人におすすめ!

豊富なボキャブラリーの中から、言葉をセレクトするセンス、表現力のある人におすすめ

豊富なボキャブラリーを持ち、その中から言葉をセレクトするセンスと文章力が必要だ。楽曲や求められるテーマに応じて作詞を行うため、表現力とバランス感覚も求められる。依頼主のニーズに応えるために日本語だけでなく、さまざまな外国語に関する知識があると作詞のバリエーションを広げることが可能だ。

作詞家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、語学(日本語)、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:音楽事務所、レコード会社、フリーランスなど
  4. 作詞家
  • Point1

    作詞家への道としては、作詞家養成スクールや音楽系の学校などで作詞や音楽の基礎を身に付けた後、音楽事務所に所属して歌詞を書いたり、音楽プロデューサーに持ち込んだりする方法がある。

  • Point2

    作詞のセンスがあれば、作詞家としてだけでなく、コピーライターや作家、詩人として活躍できる可能性もある。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!