ピアニストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

ピアニスト

どんな職種?

個人レッスンを重ねて技術を磨き生徒に教え、演奏を披露する

鍵盤楽器の一種であるピアノを演奏する。一般的には、ピアノ教室や専門学校・大学で生徒を指導しながら、演奏会などで演奏する。クラシックを中心に世界的な舞台でのコンサートやCD音源を発表しているピアニストもいる。ジャズやポップスなどのジャンルで活躍する人も多い。音楽理論の理解や高度な技術が求められるため、幼少期から個人レッスンを受けていた人も少なくない。自分の持っている世界観を磨き、ピアニストとしての個性を発揮することで、多彩なジャンルの音楽との交流が可能である。

こんな人におすすめ!

手先が敏感で演奏能力と高いモチベーションを持っている人

幼少時から長い年月をかけてレッスンすることが必要で、それに伴い高いモチベーションを維持し続けなければならない。指先の微妙なタッチで音の強弱を表現するため、手先が器用で、きめ細かい動きができる人に向いている。楽譜から作曲家の意図を自分なりに解釈し、ピアノを使って表現する上で想像力と表現力も求められる。

ピアニストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、音楽、教養学など
  3. 採用試験就職先:ライブ出演、ピアノ教室講師、レストラン、クラブ、フリーランスなど
  4. ピアニスト
  • Point1

    実績や経験などが収入に影響してくるため、コンテストに出場して好成績を目指す、音楽の教員免許を取得する、ブライダル業界に勤めて教会や披露宴会場で演奏を行うなどの方法もある。

  • Point2

    優れたピアニストになるには演奏技術はもちろんのこと、豊かな表現力を身に付けるとともに、さまざまな状況に対応できるレパートリーの広さや柔軟性が要求される。特にラウンジクラブのピアノ演奏者は、顧客のリクエストを受けることもある。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!