ドラマーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

ドラマー

どんな職種?

ドラマーの刻む力強いリズムが音楽のノリと一体感をつくる

ドラムを演奏するミュージシャンを指し、ロック・ポップスをはじめとするバンド活動がメインになる。ベースとともにリズムの土台となり、バンド全体の一体感を生み出す重要な役割を果たしている。正確なリズムを維持しつつ、スピード感・持久力が要求される。スティックのたたき方に変化をつけたり、変拍子(4分の4拍子以外)などの高度な技術を磨いたりすることでバンドのサウンドもミュージシャンとしての可能性も広がっていく。ラテン・ジャズなど多彩な音楽を吸収することで、ジャンルを問わない活躍が期待できる。

こんな人におすすめ!

リズムをキープするためのリズム感と集中力

バンドの中でリズムをつかさどる重要なパートであるドラマーは、両手両足を自在に操る必要があり、手先の器用さや高いリズム感が求められる。演奏する際、他のメンバーはドラマーが刻むリズムを頼りにするので、リズムを的確にキープできる集中力とリズム感を持った人が望ましい。

ドラマーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、音楽、教養学など
  3. 採用試験就職先:音楽スタジオ、音楽学校、レコード会社、フリーランスなど
  4. ドラマー
  • Point1

    音楽に関する学科がある大学や専門学校で知識や技術を学ぶ。また自主的にバンドを組み活動するのが実践的である。ヤマハ音楽振興会が設けている「音楽能力検定」を受検すると、知識と興味を証明できる。

  • Point2

    自身が組んでいるバンドでメジャーデビューを目指すほか、バンドのサポートをしたりすることもある。また音楽スタジオでスタジオミュージシャンになる人や、音楽系の学校で講師として指導する人もいる。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!