ベーシストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

ベーシスト

どんな職種?

安定したリズムを刻むことでバンドの音楽性を根底で支える

ジャンルを問わず、ベース音がアンサンブルの演奏において重要な役割を果たしている。テクニックを披露するようなベースラインを強調した曲もあるが、バンドにおけるベースのポジションは正確で安定したリズムを刻むことで生かされる。テクニックを磨いて伴奏のバリエーションを身に付けていけば、さまざまな曲調に対応できるようになってバンドの音楽性も広がる。バンドでの活動が主になりやすいベーシストだが、ギターやボーカル・作曲などのキャリアを積むことでソロ・ミュージシャンとしての可能性も開ける。

こんな人におすすめ!

縁の下の力持ちとしてバンドを支えられる人

ベーシストは、ボーカルやギタリストといったフロントマンに比べて、バンドの中では曲の土台となる音を刻むので、自分自身がスポットライトを浴び前に出る人よりも、縁の下の力持ちとして音楽やメンバーを支えられる人に向いている。メンバーを支えて円滑に音楽を作り上げられるよう、問題解決能力や協調性も求められる。独創的なベースラインを生み出す表現力が望まれる。

ベーシストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、音楽、教養学など
  3. 採用試験就職先:音楽スタジオ、レコード会社、音楽学校、フリーランスなど
  4. ベーシスト
  • Point1

    音楽系の学科がある大学や専門学校で作曲や演奏技術を学び、積極的にステージ経験を積むといい。収入は実力と知名度によって異なる。

  • Point2

    レコード会社に就職してスタジオベーシストとして経験を積んだり、バンド活動を行い、オーディションなどでチャンスをつかむのが一般的。また音楽系の学校で講師を務める人もいる。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!