ギタリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

ギタリスト

どんな職種?

バンド演奏の要になるギター奏者は幅広いジャンルで活躍できる

ロックバンドでは演奏の要となるエレキギター、ソロの弾き語りなどではコード伴奏に適したアコースティックギター、ボサノバなどのラテン音楽ではクラシックギターなど、幅広いジャンルでギタリストが活躍している。ジャンルや曲調によって求められるギターの種類・音質・音量・演奏スタイルなどが異なるので、最も適した演奏ができるかどうかが問われる。エレキギターならば、アンプやエフェクター・弦の選定が重要。作曲するのであれば、コード進行のパターンを覚えることが欠かせない。バンドの一員としてのギタリストは、音楽性を左右する重要なポジションである。

こんな人におすすめ!

ギターのスキルを常に磨き、一流を目指す心構えが必須

ひと口にギタリストといっても、バンドのメインメンバーとして活躍する人もいれば、他のアーティストのライブで演奏するサポートギタリスト、曲を録音する際にギターを演奏するスタジオミュージシャンなどさまざまな種類がある。あてぶりなど地道な作業も多いため、音楽を愛し、演奏するのが得意である以外に、表からは見えにくい努力を継続できる人におすすめできる。

ギタリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、音楽、教養学など
  3. 採用試験就職先:ライブ出演、ギター教室、スタジオ、フリーランスなど
  4. ギタリスト
  • Point1

    実力と経験、知名度によって収入に差が生じる。バンドや、バンドのサポートなどで経験を積む必要があり、動画配信やストリートライブにもチャレンジすると認知度が上がる場合がある。

  • Point2

    サポートギタリスト、スタジオミュージシャンとして活躍するには、「ソロ」「リード」「バッキング」など、どんなパートでも担当できるようにしておく。また楽譜が読めてアドリブに強いと重宝される。

「音楽づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!