そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業

どんな職種?

メディアに関わる人やアイデアを最適に組み合わせるキーパーソン

映画やテレビ番組などの大きなプロジェクトの下、多くのスタッフが関係するマスメディアで働く場合、それぞれ会社に属しているスペシャリストとして仕事を依頼されるケースが多い。そのため、業務を請け負う会社を通じて、スペシャリストをマネジメントするマネジャーは重要な仕事である。また、映画宣伝のためのテレビ出演、出版物のドラマ化、ライブのDVD化など、一つのコンテンツから派生するアイデアも多種多様。これらをプロデュースするプロデューサーも、スペシャリストと同様に重要である。多くのメディアを最適に組み合わせることができれば、異業種の人と人を結び付けるキーパーソンとなる。

こんな人におすすめ!

視聴者や読者のことを考えて、いい作品を作ろうとするエンターテインメント能力

制作側のスタッフとして作品作りに参加することになるので、自己満足で映画やアニメ、漫画を楽しむだけでなく、視聴者や読者を楽しませようとするエンターテインメント能力が重視される。マネジャー業であれば制作チームや俳優・声優のマネジメント能力、制作物のプロデューサーであれば提案・販促能力も必要だ。

そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:ゲーム会社、芸能プロダクション、タレント事務所、レコード会社、フリーランスなど
  4. そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業
  • Point1

    芸能系マネジャーになりたい場合は、タレントプロデュース系の専門学校で営業力を身に付ける方法もある。卒業後はタレント事務所のほか、レコード会社やファンクラブ運営会社に就職できる可能性がある。

  • Point2

    マスコミ論や映画学、イベント企画など進みたい進路によって学ぶべき分野が異なる。学生のうちから人脈と行動範囲を広げて、なりたい職業に就くチャンスを広げよう。

「そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業」について学べる学校