作家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

作家

どんな職種?

作家

小説、ノンフィクションやエッセーを書いて収入を得る

小説、随筆、ルポルタージュ、エッセーなど、さまざまな文章を書いて印税などの収入を得る仕事。ノンフィクション作家や詩人も含まれる。作品のジャンルは、歴史から恋愛、文化まで実に多彩だ。発表する作品は、書き下ろしもあれば、媒体で連載したものを一冊にまとめる場合もある。編集者と二人三脚で修正や調整を繰り返し、推敲(すいこう)を重ねて世の中に送り出す。一般的には、作品を発表してまず原稿料が入り、本が売れれば印税が支払われる仕組み。以前は、紙媒体が中心だったが、最近はネットや電子書籍での配信も増えている。

こんな人におすすめ!

独自の見識と世界観、得意分野で読者を惹きつける手腕

独自の考えや世界観を文章で表現し、伝えていくのが作家への第一歩。創作の小説なのか、ルポルタージュなのか、得意分野を確立する努力もカギだ。自分が目指すジャンルへの深い知識と、十分なリサーチを可能にする人脈の広さも重要。出版物にする場合は、担当の編集者と密にコミュニケーションを図りながら進める。作品に人生経験が色濃く投影され、他職種を経て転身する人も多い。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

作家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:外国文学、日本文学、文芸学など
  3. 作品の応募、売り込みフリーランス
  4. 作家
  • Point1

    特にこの資格があれば作家になれるというものはない。自分の作風を認知してもらうため、オリジナルの作品を書き、周囲の反応を探る努力が必要。

  • Point2

    書いた作品は出版社へ持ち込んだり、文芸誌主催の新人賞、同人誌やインターネットで発表するなどの手段を経て世に出ることが多い。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「本・雑誌・新聞」に関する他の職種も
チェックしてみよう!