そのほかの機械・電気・化学系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「機械・電気・化学」に戻る

そのほかの機械・電気・化学系の職業

どんな職種?

細分化されたそれぞれの業務に知識と技術を持って携わる

人の暮らしを便利にし、ライフラインを支える機械・電気・化学系の仕事。その領域は幅広く、発想力や専門的な知識を持ち構想、開発、設計に携わる人もいれば、資格や高度な技術を持ち工事、点検、メンテナンス、製造に携わる人もいる。業務が細分化されていることが特徴で、精密なパーツを用いてカメラ製造の最終工程に携わる「カメラ組立工」、印刷物の原版の文字部分をつくる「写植オペレーター」、原子炉を操作する際に指揮を執る「原子炉主任技術者」といった専門性の高いピンポイントの仕事もある。

こんな人におすすめ!

慎重に作業を進める用心さと自学自習の精神が求められる

電気機器や危険物を取り扱うことが多いため、手先の器用さや慎重に作業を進める注意深さが必要だ。必須となる資格は職種によって違うが、例えば「電気工事士」ならば、第一種電気工事士か第二種電気工事士の資格が必須となる。また、電気工事士は住宅やビルなどの屋内外において、電気工事を行う技術を学ばなければならない。このように、自身の目指す職種で必須となる資格や技術を学んでおく必要がある。

そのほかの機械・電気・化学系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:数学、物理学、機械工学、電気工学、電子工学、材料工学、金属工学など
  3. 採用試験就職先:電気設備工事会社、建設会社、工務店、電力会社、電気工事会社など
  4. そのほかの機械・電気・化学系の職業
  • Point1

    大学などでは、理系を専攻するといいだろう。特に数学、物理学、機械工学を学んでおくと役立つ。

  • Point2

    屋外で作業を行ったり、屋根裏や床下などでの作業を行ったりと、体力を必要とする場面も多いため、普段から体力をつけておくといいだろう。