ムービーカメラクルー(撮影技師)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

ムービーカメラクルー(撮影技師)

どんな職種?

監督やディレクターの意図をくみ映像を撮影する

映画、テレビ、CMなどの映像を撮影するカメラスタッフで、ビデオグラファーとも呼ばれる。ただし、例えば映画とテレビでは撮影スタイルも使用する機材も異なる。撮影する内容によって必要とされる技術が大きく異なり、専門分野が細分化している。また、監督やディレクターの意図を的確に理解し、照明などのスタッフと連携しながら動く仕事であるため、コミュニケーション能力が欠かせない。専門学校などで基礎的な技術を学び、制作会社に就職したり、フリーカメラスタッフの助手として働き出すのが一般的なパターンだ。

こんな人におすすめ!

撮影技術やセンスが高く、よりいい映像を撮るための考察力も重要

映像の出来栄えを左右する重要なポジションであるため、撮影技術だけでなく、適切なカットを抜き出すセンスも求められる。どのようなカットが必要なのかを考え、なおかつ監督や演出家の考えをくみ取りながら光の加減やアングルを決定する考察力が必要だ。

ムービーカメラクルー(撮影技師)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:映像、機械工学、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:映像製作会社、映画制作会社、CF制作会社、フリーランスなど
  4. ムービーカメラクルー(撮影技師)
  • Point1

    映像関連の学科がある大学や専門学校で、映像や撮影機器について知識を深めておくと仕事をする上で役に立つ。また在学中からアルバイトで経験を積むと就職活動の際に有利になることもある。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業後、制作会社に入社して撮影助手から経験を積む。またはフリーのムービーカメラクルー(撮影技師)のもとで修業をするのが一般的だ。

「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!