レポーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

レポーター

どんな職種?

レポーター

テレビやラジオの放送内でさまざまな現場状況を伝える

放送局やスタジオを飛び出し、現地からリアルな情報をレポートする職業。ニュース番組やワイドショーで活躍するが、事件現場、話題のスポットなど、さまざまな形の情報を伝えるレポーターがいる。物事の発生からの経緯、現状の動向、公の機関の発表内容などを、中継を通して伝達するのが主な仕事だ。旅行やグルメといったエンターテインメント系の体験レポートを行う仕事もある。テレビやラジオ局のアナウンサーやタレントが兼ねるケースもあるが、レポーターの仕事だけを生業にする人もいる。

こんな人におすすめ!

的確に伝えるための話術と政界・スポーツなど専門分野を

現場状況、その場の雰囲気、取材感想をリアルに伝える表現力が求められる。正しい言葉選びやリアクションの表情もカギを握る。一般の人から取材できる柔軟なインタビュー能力、的確に質問する機転を身に付けておきたい。他のスタッフとスムーズにロケを進行できる協調性も大切。政治や芸能、スポーツなど、専門分野に特化したい場合は、その業界知識の掘り下げも必要だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

レポーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、言語学など
  3. 採用試験就職先:放送局、芸能事務所など
  4. レポーター
  • Point1

    レポーターの多くは、テレビ・ラジオ局か、芸能事務所に所属している。レポーター志願者として、事務所の面接を受けるのが一般的な入り口といえる。

  • Point2

    放送番組の制作スタッフが自らレポーターとして番組に出演するケースもある。制作現場で、アシスタントディレクターなどを務め、チャンスを探すのもよい。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「映画・テレビ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!