インダストリアルデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「機械・電気・化学」に戻る

インダストリアルデザイナー

どんな職種?

機能性を考慮しながら工業製品や日用品をデザイン

自動車、家電製品、家具、文房具など、工業製品や日用品をデザインする仕事。コストや納期を考慮しながら色や素材を考え、デザインを起こしていく。消費者の生活を快適にするものを手掛けるため、美しさだけでなく機能性を追求した設計をしなければならない。また、ヒット商品を生み出すには、マーケティングや消費者のニーズを把握することも大切だ。メーカーや製造工場の担当者と打ち合わせを重ねてデザインの改善や修正を行うため、コミュニケーション能力や提案力が求められる。

こんな人におすすめ!

デザインだけでなく物事を多角的に捉える目とコミュニケーション能力が重要

自動車や飛行機、カメラや顕微鏡、歯ブラシや文具といった製品をデザインすることに加え、その製品の安全性や機能性、製造過程を考慮することが大事な仕事でもあるため、創造力と論理的な思考力が必要になる。また、設計者や製造者と密に連携して仕事を進めていくので、コミュニケーション能力も求められる。

この職種の収入は?

平均月収32.26万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)デザイナー 参照]

インダストリアルデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、美術、デザイン工学など
  3. 採用試験就職先:家電メーカー、自動車メーカー、二輪バイクメーカー、インダストリアルデザイン事務所など
  4. インダストリアルデザイナー
  • Point1

    芸術系・美術系の学校でプロダクトデザインおよびインダストリアルデザインなどデザイン全般を学ぶ。工業デザインの学科がある学校で知識や技術を学ぶ方法も。

  • Point2

    プロダクトデザイン検定など取得しておくと就職に有利になる。ポートフォリオを提出して、就職試験に臨むのが一般的。多くの会社はそれよりも早い時期にインターンシップを行っており、参加すると仕事の参考になることもある。

「機械・電気・化学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!