そのほかのデザイン・アート・写真系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

そのほかのデザイン・アート・写真系の職業

どんな職種?

表現に関わる自由度が高い職種個性と才能の数だけ表現がある

デザイン・アート・写真系の職業は、表現力や個性に関わるものであり、自由度が高く非常に裾野が広い。例えば、コンビニの看板やキャンペーンののぼり、店内のPOPやレシートですらデザインの一つである。アートは、買い手がいなければ職業にならないが、Tシャツや車のボディー、スケートボードに独創的なイラストを描いて人気を得ているアーティストもいる。ファインアートの世界も自由闊達で、広い世界が活躍のステージだ。写真も被写体の数だけ可能性がある。建築、料理、風景、動物など、それぞれ専門の写真家がいる。

こんな人におすすめ!

独自の世界観や、デザインセンス、発想力が生かせる

デザインやアート、写真系の職業では、作品を作る知識や技術に加え、自由な発想力が求められる。独自の色彩感覚や作品に応じた装飾能力も必要だ。絵画や写真加工などのソフトウエアを扱えるスキルがあると、仕事の幅を広げることができるだろう。フリーで活動する場合には、自分の世界観を持ち、多くの人に共感を得られるデザインを創り出すバイタリティーとセンスが不可欠だ。

そのほかのデザイン・アート・写真系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美術、デザイン、写真など
  3. 採用試験就職先:ファッションデザイン事務所、アパレル企業、フリーランスなど
  4. そのほかのデザイン・アート・写真系の職業
  • Point1

    職業によっては、「カラーコーディネーター」や「ファッション色彩能力検定」などの資格を持っておくと就職の際、能力の参考になる。

  • Point2

    海外を活動拠点にすることも可能だが、その場合語学力が必要となる。