エディトリアルデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

エディトリアルデザイナー

どんな職種?

エディトリアルデザイナー

情報が伝わりやすく読みやすいページデザインが真骨頂

カタログ、パンフレット、雑誌、新聞、書籍、会社案内、学校案内、フリーペーパー、取扱いマニュアルなど、いわゆる読み物の紙面を作成する仕事。読みやすさを追求し、タイトル、小見いだし、文章、写真、イラスト、図表などの素材をバランスよく配置する。編集者やアートディレクターから依頼を受け、打ち合わせを重ねながら素材を読み物に構築。デザインの調整を重ね、文字の修正などにも対応しつつ、印刷所へ入稿する。試し刷りの校正紙で紙面を確認し、完璧な状態でリリースするまでが仕事だ。

こんな人におすすめ!

DTPソフトのスキルに加え、出版物・印刷物への知識が必要

デザイン作業はDTPソフトを使って行うので、PCスキルは欠かせない。ソフトウエアのバージョンは印刷所をはじめ、他業種のスタッフとの交換性を維持するため、常に最新バージョンを追いかけることになる。デザイン面では美しさだけではなく、情報が効果的に読み取れるスキルとアイデアが大切。雑誌や本が好きで、コツコツと細かい作業を積み重ねるのが得意な人が向いている。印刷・製版の知識も必要だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

エディトリアルデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、マスコミ学、画像・音響工学など
  3. 採用試験就職先:広告代理店、広告制作会社、出版社など
  4. エディトリアルデザイナー
  • Point1

    必須の資格はないが、DTPソフトが使えることが最大の強みになるため、「DTP検定」や「DTPエキスパート」といった資格で自分のスキルを示すことができる。

  • Point2

    ページデザインを基に、文章の流し込みや画像のレイアウトなど、DTPソフトを使った作業を行うDTPオペレーターとして実務を身に付ける方法が一般的だ。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「グラフィックデザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!