アートディレクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

アートディレクター

どんな職種?

アートディレクター

ポスターやカタログなどのビジュアルを決めるリーダー

総監修的立場で、グラフィック広告のビジュアルに関する指示をスタッフに出すことが仕事。略称はART DIRECTORの頭文字を取ってAD。グラフィック広告とは、ポスターや中づり、新聞、雑誌、カタログなど、主に紙媒体を使ったコマーシャルのこと。アートディレクターは広告プランの企画段階から関わり、フォトグラファーやコピーライターなどとモデルの人選、写真やイラスト、キャッチコピーの方向性を固めて指揮を取る。いわば、デザインに関する決定権を持ってプロジェクトを牽引するリーダーだ。

こんな人におすすめ!

グラフィックデザイナーの実績にリーダーシップをプラス

グラフィック広告は、商品価値を伝えるツールとしての役割に加え、見た目の美しさも求められる。そのためアートディレクターは、写真の質感やレイアウト、色彩バランス、書体などを企画段階から明確にイメージしなくてはならない。デザイナーに指示する立場なので、グラフィックデザインの経験が役立つ。チームを率いるリーダーシップ、新鮮な切り口を提案できる発想力も重要だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

アートディレクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:マスコミ学、メディア学、デザイン工学など
  3. 採用試験就職先:広告代理店、広告制作会社、出版社、メーカーなど
  4. アートディレクター
  • Point1

    特に必要な資格はない。さまざまな媒体のデザイン、撮影など、グラフィックデザイナーとしての経験が役立つ。

  • Point2

    雑誌やポスターなど、さまざまなグラフィックデザインに目を向け、感性を磨くことが大切。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「グラフィックデザイン」に関する他の職種も
チェックしてみよう!