彫金師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「デザイン・芸術・写真」に戻る

彫金師

どんな職種?

彫金師

金属を彫り込んでアクセサリーや工芸品などの装飾金具を制作する

彫金とは、金・銀・銅・プラチナなどの金属を透かし、打ち出しや象眼などの技法で彫ることを指す。彫金師は、それぞれの金属の特徴を生かし、アクセサリーや食器、家具などの装飾金具を制作する仕事。この仕事に就くには、美術系の専門学校、彫金教室などで基礎を学び、彫金師のアシスタントになるか、宝石メーカーや工房に所属するのが一般的だ。伝統工芸としての彫金師は減りつつあるが、近年ではジャンルに関係なくユニークなオリジナル作品を創作し、アクセサリー店に売り込んだり、ネット販売を行ったりする人も現れている。

こんな人におすすめ!

金属の変化を敏感に感じ取る手先の器用さが求められる

細かい金属の質感を感じ取る鋭い手先の感覚と、微妙な力加減を調整できる手先の器用さが必要。金をはじめ、銀やプラチナなど、加工する金属に関する知識と加工技術が求められる。彫金を利用して、新しいデザインやアイテムを生み出す発想力も重要だ。自分で作った作品を販売したい場合には、ネットショップを自分で開いたり、店舗に直接売り込んだりすることによって実現可能である。

彫金師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、美術など
  3. 採用試験就職先:貴金属店など
  4. 彫金師
  • Point1

    美術系の大学や専門学校などで彫金の基礎を学んでおくと、実務の役に立つ。

  • Point2

    学校で基礎を学んだ後は、食器やジュエリーなどの制作会社に就職して経験を積むのが一般的だ。伝統的な彫金を学びたいなら、工房に直接就職する方法もある。

「アート・写真」に関する他の職種も
チェックしてみよう!