着物コンサルタント・着付師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

着物コンサルタント・着付師

どんな職種?

着物コンサルタント・着付師

和装文化や着こなしの技を体得し装いの提案と着付けを行う

着物コンサルタントとは、日本文化と和装の歴史、作法を熟知し、着物のコーディネートや着付けを行う人。呉服店の販売員や着付け教室の講師などに多く、「着物コンサルタント」という資格もある。美しい和服の着こなしで魅せる着付けを行うが、冠婚葬祭や成人式などの着ていく場所柄に合わせて装いをコーディネートすることが大切。結婚式の衣装・お色直し、卒業式のはかまなどもこなせなくてはならない。さまざまな和装小物や小道具を駆使し、時間内に仕上げて着崩れにも配慮する。美容室や結婚式場と契約して働く人も多い。

こんな人におすすめ!

着物をトータルコーディネートする知識と着付けの技術が必要

着物に関する知識と着付けの技術が求められる。決められた時間の中で着付けられるよう、手際の良さも重要である。長時間着用していても着崩れしないよう、顧客に注意点や着崩れしてしまった場合の対処法などを分かりやすく伝えられる指導力が望まれる。パーソナルカラーやカラーコーディネートの知識があると、肌や髪色により似合う色や柄の着物をコーディネートすることが可能だ。

着物コンサルタント・着付師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾・被服学、家政学、美容など
  3. 採用試験就職先:呉服店、結婚式場、美容室、着付け教室、写真館、フリーランスなど
  4. 着物コンサルタント・着付師
  • Point1

    民間資格「きものコンサルタント一般認定試験」を取得するのが一般的で、着付けの技術の証明となる。また、美容師の資格を活用して活動することも多い。

  • Point2

    服飾系の専門学校や大学で学んだ後、就職するのが一般的だ。呉服店をはじめ美容院、結婚式場、撮影現場など、活躍の場は幅広い。

「ファッションビジネス」に関する他の職種も
チェックしてみよう!