バッグデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

バッグデザイナー

どんな職種?

デザイン性と機能を両立させたかばん、ポーチ、財布などを作る

服飾小物メーカーやアパレルブランドなどに勤め、袋物のデザインをする職種。見た目はもちろん、収納力、ポケットや間仕切り、開閉や持ち運びやすさなど、機能面も考慮する。ファッションセンスだけでなく、使う人の立場からデザインする能力が求められる。装飾性の高いパーティーバッグや手作りの革製バッグを専門にする場合を除き、デザインを起こした後は工房で生産を行う。メーカー勤務の場合は、仕様書の作成や発注指示にも関わる。専門コースを設けているファッションや被服系の専門学校で腕を磨くことができる。

こんな人におすすめ!

ファッションセンスを武器に、自分のアイデアを形にできる人が求められる

広くファッション全体の知識やセンスを持ち、バッグの素材や加工方法に関しても学び続ける姿勢が求められる。バッグの形やデザインの流行を察知し、リアルタイムの市場動向を分析できる人が望ましい。機能性や収納性なども含めたデザインアイデアを常に発信し続けるクリエーティビティーも重要だ。

バッグデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾・被服学、デザイン、美術など
  3. 採用試験就職先:アパレルメーカー、OEMメーカー、フリーランスデザイナーなど
  4. バッグデザイナー
  • Point1

    服飾系専門学校や大学でデザインやバッグデザインを学ぶ人が多い。

  • Point2

    学校卒業後すぐにプロデザイナーとして仕事をする場合は少なく、バッグメーカーやデザイン事務所で実地経験を積んでいくのが一般的。まずはアシスタント業務から始まることが多い。

「ファッションをつくる」に関する他の職種も
チェックしてみよう!