帽子デザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

帽子デザイナー

どんな職種?

多様な素材と縫製、加工技術でかぶり心地のよいすてきな帽子を制作する

帽子のデザインをする仕事だが、自分の手で現物を仕立て上げる技術が必要。型紙を作って生地を縫製する場合と、ウールや麦わらなどの素材を加工し、成形する場合がある。千差万別の素材扱いに加え、ハット、ハンチング、ベレーなど多種多様なデザイン知識も必要。かぶり心地のよさ、流行とのバランスも、デザイナーのセンスと技に委ねられる。働き先は、服飾品メーカーやファッションブランドのヘッドアクセサリー部門だったり、オートクチュール帽子の工房を自ら立ち上げる場合も。専門学校で技術を学ぶことが多い。

こんな人におすすめ!

最先端の流行デザインをつかむ感度と、ニーズを形にできる力

最先端の流行ファッションやデザインをいち早くキャッチし、帽子にできる感性が求められる。顧客のニーズを的確に捉えるための市場調査などに努力を惜しまない人、広くファッションやデザインの知識を習得する姿勢のある人が向いている。社内や関連会社との交渉も時として必要なため、デザインセンスだけでなくコミュニケーション力も重要だ。

帽子デザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾・被服学、デザイン、美術など
  3. 採用試験就職先:アパレルメーカー、OEMメーカー、フリーランスデザイナーなど
  4. 帽子デザイナー
  • Point1

    服飾系・デザイン系の専門学校や大学で製帽を学ぶ人が多い。

  • Point2

    帽子メーカーやアパレル系の会社、またはデザイン事務所や工房にデザイナーとして就職することで経験を積むことができる。民間のカルチャー教室で学び、デザイナーに転身する人も多い。

「ファッションをつくる」に関する他の職種も
チェックしてみよう!