パタンナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

パタンナー

どんな職種?

パタンナー

デザイン画をリアルな設計図に。仕上がりを左右する服づくりの基盤

デザイナーが起こしたデザイン画を基に、縫製の型紙をつくる仕事。イメージや指示が書かれた平面画から立体的な服にするために、ダーツや縫いしろなどを加えパターン作製する。型紙を基に生産をするので、ミスがないように慎重に作業を進めていく。コンピューターのCADを使用してパターン作製をするのが最近の傾向である。また、就職先は服飾メーカーや、サンプル専門メーカー、縫製工場、デザイナーのアトリエなど。経験を通して実力を付ければ、フリーランスとして働くことも可能だ。

こんな人におすすめ!

作業をコツコツ続ける地道さとスムーズなやり取りが求められる

作業はミリ単位で正確に行う必要がある。机の上で地道に作業をすることが多く、きちょうめんで粘り強い性格の人が向いており、日頃からファッション業界の動向やパターンの勉強も必要。デザイナーと製造工場の間に立つ役割なので、誰とでも円滑にコミュニケーションを取れる能力も求められる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

パタンナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾・被服学、工芸学、家政学など
  3. 採用試験就職先:ファッションデザイナー事務所、アパレルメーカー、繊維メーカーなど
  4. パタンナー
  • Point1

    ファッションの知識やパターンの基本的な技術は必須。専門学校や短大などでパターンメイキングについて学んでから就職をするのが一般的。

  • Point2

    一般財団法人日本ファッション教育振興協会が実施している、型紙をつくる技術と知識を評価する「パターンメーキング技術検定」に合格すると、活躍の場も広がる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「ファッションをつくる」に関する他の職種も
チェックしてみよう!