テキスタイルデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

テキスタイルデザイナー

どんな職種?

テキスタイルデザイナー

衣服やインテリア製品など、布地をデザインする専門家

生地の柄や色などをデザインする仕事。衣服の生地はもちろん、ハンカチやネクタイ、カーテン、カーペットなど扱う対象はさまざま。仕事の内容は、生地開発のコンセプトを把握しながら、材質などを選び、織り方や染め方・色・柄などを決定。その後、製造工場に発注する。質感や発色の微妙な差異で仕上がりが変わるため、細かいチェックは欠かせない。何度も調整を重ねて完成したら生産にあたる。主な活躍の場は、生地・繊維メーカーや問屋、服飾メーカー、デザイン事務所などが挙げられる。

こんな人におすすめ!

流行・コスト・デザイン意識をトータルで考えられる柔軟さが大切

流行に沿ったデザインや色、模様をつくり出すセンスが重要。創造力も問われるが、意図を把握する理解力や生地製作のコスト意識なども必要になり、トータルに考えられるバランス感覚が求められる。最近では、アジアに製造工場を移している企業もあるため、語学力があれば役に立つ。日々開発される新素材やトレンドなどを常に把握する必要があるため、勉強をし続ける姿勢も大切だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

テキスタイルデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾・被服学、デザイン、工芸学など
  3. 採用試験就職先:アパレルメーカーの素材部門、繊維メーカー、デザイン事務所など
  4. テキスタイルデザイナー
  • Point1

    布地や織物についての専門知識や技術が必要なため、学校で基礎を学ぶのが一般的である。実績を積み重ねた後、フリーランスとして働くケースも。

  • Point2

    働く上で役に立つ資格は、一般社団法人日本衣料管理協会の「衣料管理士(TA)」。認定校に通い必要な科目を履修後、試験に合格すれば資格が取得できる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「ファッションをつくる」に関する他の職種も
チェックしてみよう!