ファッションデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「ファッション」に戻る

ファッションデザイナー

どんな職種?

ファッションデザイナー

衣服の企画から完成まで統括するプロデューサー的な立場

衣服などの製品をデザインする仕事。大別すると、企業に勤務して働くデザイナーと、フリーランスを経て活躍するデザイナーの2つがある。どちらも、その時々の流行を踏まえながらコンセプトを考え、デザイン画を作成。それを基に型紙をつくるパタンナーや縫製・プレス担当者などに指示を出す。コンセプトとずれていないか試作品で何度も調整し、完成させる。ファッションデザイナーは、企画から完成までを監督するプロデューサー的な役割といえる。企業所属のデザイナーであれば、会社の方針や利益も配慮しなければならない。

こんな人におすすめ!

判断力・交渉力・責任感など、チームを統括できる能力が必要

デザインに関する基本的な知識や技術は必須。普段からファッションについて関心がある人が向いている。また、市場のトレンドなどを分析する能力も求められる。完成までの工程では、さまざまな職種の人と一緒に仕事をし、指示を出す立場なので、生産工程の知識があれば役に立つ。また、交渉力やコミュニケーション能力も必要。目の前の仕事をやり遂げる責任感の強さも求められる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

ファッションデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾・被服学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:アパレルメーカー、ファッションデザイナー事務所など
  4. ファッションデザイナー
  • Point1

    ファッションデザイン関連の学校で、基本的な衣服製作の技術やデザインの表現力、理論などを学ぶのが一般的。特に学歴や資格が問われる職種ではない。

  • Point2

    まずは、アパレルメーカーやデザイナー事務所に入社。アシスタントとして経験を積んで腕を磨けば、次第にデザインを任されるようになる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「ファッションをつくる」に関する他の職種も
チェックしてみよう!