司法書士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

司法書士

どんな職種?

司法書士

不動産・会社登記や訴訟書類など、一般人には難しい手続きを代行

裁判所や検察庁、法務省などに提出する法的な書類を、依頼人に代わって作成し、提出するのが司法書士の仕事。主な業務に、土地や建物を売買したときに所有者を法的に証明する「不動産登記」、会社を設立したときに必要な「商業登記」がある。また、簡易裁判所での訴訟業務の手続きや調停・和解交渉なども担当する。さらに「認定司法書士」の有資格者は「消費者金融の過払い債務整理」といった、これまでは弁護士の領域だった業務にも関われるようになり、社会的にも多くのニーズがある職種の一つである。

こんな人におすすめ!

きちょうめんさ・正確さが必要不可欠。独立するときは人脈も重要

複雑でミスの許されない書類を期限までに作成しなくてはならない仕事のため、きちょうめんでなくては務まらない。一つひとつ確認しながら次へ進む慎重さが求められる。顧客の財産上の利益に関わる重要な仕事なので、責任感も欠かせない。また、経験を積んだ後に独立する場合が多く、新たな創意工夫を持って顧客にアピールし、仕事につなげていくアイデアやセンス、人脈も必要になってくる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

司法書士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:法学など
  3. 国家資格:司法書士
  4. 採用試験就職先:司法書士事務所など
  5. 司法書士
  • Point1

    年1回実施される「司法書士試験」は、年齢・学歴など受験資格の制限がなく、誰でも受験ができる。ただし、毎回合格率は3%前後と、最難関の国家資格の一つ。

  • Point2

    「司法書士試験」は難関で、短期間の学びで資格を取得するのは容易ではない。日頃から法学をよく勉強し、知識を積み重ねていく必要がある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「政治・法律」に関する他の職種も
チェックしてみよう!