裁判所事務官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

裁判所事務官

どんな職種?

裁判所事務官

公正な裁判が行われるよう、裁判所の裏方として活躍する仕事

裁判所事務官は、裁判を行う全国の各裁判所で、裁判所書記官の下で事務のサポートをする。業務内容は大別して「裁判部」と「事務局」の2つに分かれる。「裁判部」では裁判所書記官を補助し、文書を関係者に郵送したり,窓口応対をしたりする事務が業務となる。また、「事務局」では会計や人事、総務など、裁判所運営のために欠かせない司法行政事務を担当する。どちらも円滑な裁判を実現するという点で、国民生活に大きく役立つ仕事といえる。

こんな人におすすめ!

一つのミスも起こさないという強い集中力と責任感が不可欠

とにかく、ミスがあってはならないのが裁判所の仕事。文書作成時に誤りがあったり、書類の送付を忘れるといったミスは、その大小にかかわらず、裁判の当事者にとって大きな不利益をもたらしかねない。そのため、集中力や責任感が特に重要。また、裁判の当事者と打ち合わせをすることもあり、相手の気持ちをくみ取れるコミュニケーション能力や、思いやりの心も欠かせない。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

裁判所事務官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:法学など
  3. 採用試験就職先:全国各地の裁判所
  4. 裁判所事務官
  • Point1

    「裁判所職員採用試験」は「総合職試験(院卒者)」「総合職試験(大卒程度)」「一般職試験(大卒程度)」「一般職試験(高卒程度)」の4種。裁判部・事務局の区分はなく、共通で採用される。

  • Point2

    裁判所事務官として一定期間勤務し、裁判所職員総合研修所入所試験に合格して必要な研修を修了すると、「裁判所書記官」となることができる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「政治・法律」に関する他の職種も
チェックしてみよう!