政治家秘書になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

政治家秘書

どんな職種?

政治家や議員が私設する秘書経験により政策立案まで携わる

政治家の活動をバックアップするのが秘書。国会議員は公費で3人の秘書を雇うことができるが、それ以上の私設秘書を雇用することもできる。仕事内容は経験年数によって異なり、雑用や一般事務、秘書業務なども行う。後援者を集めたパーティーの手配や選挙活動のサポートを行うこともある。また、ベテラン秘書になると議員の片腕としてイベントや冠婚葬祭へ代理で出席したり、政策や立法に関わることもある。必要な資格はないが、議員事務所の求人応募、知人の紹介、ボランティアから政界に足を踏み入れる人もいる。

こんな人におすすめ!

礼儀正しく臨機応変に立ち回ることができ、裏方に徹する能力

政治に関する正しい知識が求められる。多くの政治家や外部団体の関係者と接する機会が多いため、常に礼儀正しく、臨機応変に裏方として立ち回る必要がある。決まった労働時間がないことも多く、柔軟なワークスタイルで働くことに適性のある人に向いている。

政治家秘書を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:政治学、法学、国際関係学など
  3. 採用試験就職先:議員会館事務所、地元事務所など
  4. 政治家秘書
  • Point1

    「秘書技能検定」などの資格を取得したり、議員の事務所でインターン生募集に応募したりすると就職に有利な場合もある。

  • Point2

    政策担当秘書を目指すなら国家試験である「政策担当秘書資格試験」を取得するか、公設秘書を10年以上務めた経歴などの条件がある。

「政治・法律」に関する他の職種も
チェックしてみよう!