海上保安官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

海上保安官

どんな職種?

海上保安官

日本の海の安全を守る海上における警察官

陸上で安全を守る警察官に対し、海の安全を守るのが海上保安官。仕事は、海難事故の救助や船舶火災の消火活動、不審船の監視など、海上で起こるトラブルの対応だけにとどまらない。船艇の運航、整備、調理まで、さまざまな仕事をこなさなければならないのがこの職業であり、困難も多い。もちろんその分、活躍できるフィールドが広く、各職種に異動を重ねるごとに新たな技術や知識を身に付けることができる。自然と向き合う職業だけに危険と隣り合わせになることもあるが、仲間と協力して乗り越えたときの喜びは大きい。

こんな人におすすめ!

海上で長期間働ける体力と、協力し合う協調性が求められる

任務によって業務内容はさまざまだが、一度海上に出ると船上泊や24時間勤務も少なくない。今のうちから、適度な運動をして基礎体力を付ける努力を行いたい。さらに、船上や海上での人命救助や領海を守る任務は、強い使命感や責任感を備えている人に向いているといえる。人々を危険から守るための強い正義感、非常時でも冷静な判断ができる精神力を養っていくことも大切だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

海上保安官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:船員・パイロット養成、体育学、スポーツ学など
  3. 採用試験就職先:海上保安庁
  4. 海上保安官
  • Point1

    海上保安官になるには、一般職員を養成する「海上保安学校(1~2年)」か、幹部職員を養成する「海上保安大学校(4年半)」への入学が必須。

  • Point2

    上記の学校で知識と技術を身に付け、「海技士」「海上特殊無線技士」などの資格を取得。入学すると海上保安庁の職員になるため、在学中でも給料が支給される。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「公務員」に関する他の職種も
チェックしてみよう!