警察官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「公務員・政治・法律」に戻る

警察官

どんな職種?

警察官

防犯、交通整理、災害対応まで、治安維持と個人の生命を守る

窃盗や殺人などから住民を守り、犯罪を未然に防いだり、犯罪者の逮捕や交通整理、災害などに対応をするのが仕事。警察は国の機関である警察庁の他、皇宮警察本部が国家公務員、47都道府県の警察が地方公務員となる。交番や駐在所に勤務する警察官のほとんどは地域課に所属し、事件を捜査するのは刑事課の仕事となる。一般的には、一部を除いて交番勤務からスタート。昇任試験や経験により、勤務地の他、所属部署が刑事、交通、警備、生活安全などに異動する。

こんな人におすすめ!

正義感が強く、心身ともに鍛えられた自己管理が徹底できる人

武道にたけており、機敏で体力がある人物は特に適任だ。警察官の採用試験では、身長や体重の最低条件が定められているため、志望者はその内容の確認も必要。犯罪と向き合い、危険な現場と隣り合わせになることもあるため、正義感や勇気、冷静さが求められる。周囲の人を守りたいという、純粋な気持ちや強い使命感も大切になる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

警察官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地域社会、体育学、スポーツ学など
  3. 採用試験就職先:警察署、警視庁、皇居など
  4. 警察官
  • Point1

    各都道府県が実施する警察官採用試験に合格し、警察学校へ入り実務に必要な研修を受ける。または国家公務員採用試験に合格した後、警察庁警察官としての採用もある。

  • Point2

    警察官には大学卒業程度のⅠ類・高校卒業程度のⅢ類に分かれており、最終学歴によって受けられる試験が異なる。警察学校を卒業後は、交番勤務からスタートする。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「公務員」に関する他の職種も
チェックしてみよう!