そのほかの語学・国際系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

そのほかの語学・国際系の職業

どんな職種?

国際公務員を目指す派遣制度や、発展途上国を支援する企業の職員

将来、国際機関で働くことを希望している人に、外務省が各国際機関に派遣する制度「ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー」という仕事がある。高い語学力など合格基準が厳しく、派遣終了後も正規職員としての職が保障されるわけではない狭き門だ。だが、国際機関での勤務を希望する人には魅力的な仕事といえる。同じ国際機関でも、発展途上国に支援を行う独立行政法人国際協力機構(JICA)の職員もある。教育や環境、復興などの課題解決に向き合いたい人に適した職種なので、英語を中心に語学力を磨いておこう。

こんな人におすすめ!

世界の文化・政治状況などに関する知識とグローバルな環境下で意見が主張できる

海外が舞台となるので、当然高い語学力が求められる。国によって文化も異なるので、諸外国の文化や政治経済などに関する知識を持っていることも重要だ。発展途上国を支援する機関の職員になるという選択肢もあるので、語学だけにとどまらず、諸国の教育や環境状況に関する知識などがあることが望ましい。グローバルな環境下で、言語という壁を乗り越え自分の意見を堂々と主張できる人に向いている。

そのほかの語学・国際系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:語学(外国語)、国際関係学、国際文化学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:航空会社、大使館、外資系企業など
  4. そのほかの語学・国際系の職業
  • Point1

    就職先に応じて「日商ビジネス英語検定」や「JTFほんやく検定」など海外で通用する資格を取得することで能力の証明ができる。

  • Point2

    海外で働く場合は、ビザを申請できる経歴を持っていなければならない。海外での生活経験も重要視されることがあり、留学などを経験しておくと有利になる場合もある。