大使館スタッフになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

大使館スタッフ

どんな職種?

国内の外国大使館を運営する駐在大使の業務サポーター

日本にある外国の大使館に勤務するスタッフ。大使館にも経理や広報、政治、文化、ビザ発行など、多様な部署があってそれぞれ働く人がいる。大使の不在時にも大使館の業務を維持し、新任大使には的確な情報や知るべき日本文化を伝える業務を担う。職種は秘書や通訳から事務職員、ドライバーなど幅広い。採用は欠員が出たときのみの不定期が基本だが、短大や大学で国際関係、政治、経済などの勉強をし、検定や留学で英語や諸外国語を学んでおこう。採用時に即戦力が求められるので、希望職種に応じたスキルを養っておくべきだ。

こんな人におすすめ!

円滑なコミュニケーションが取れる語学力が必須

2国間の円滑なコミュニケーションを生み出すために、流ちょうな外国語会話能力や書類作成力が求められる。日本国外にある在外大使館はもちろんだが、日本国内にある駐日大使館でも働く可能性はあるため、日本人同士の協調性も必要である。

大使館スタッフを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:国際関係学、語学(外国語)、国際文化学など
  3. 採用試験就職先:在外大使館、駐日大使館、外務省
  4. 大使館スタッフ
  • Point1

    即戦力が求められるため、英語に加えその国の公用語のスキルがあると就職に有利だろう。正確な処理能力や段取り能力を身に付けておくとよい。

  • Point2

    在外大使館は公務員採用試験に合格する必要がある。駐日大使館は、『The Japan Times』や各大使館のホームページ内にある採用情報などから応募する。

「国際」に関する他の職種も
チェックしてみよう!