外交官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

外交官

どんな職種?

外交官

世界各地の大使館などに勤務し、相手国政府と交渉や協議を行う

外務省や世界各地の大使館、総領事館などに勤務し、国家間の交渉や現地在留邦人の安全などに国を代表して尽力する仕事。外交官は外務省に入省後、研修や本省勤務を経て、各国の大使館や領事館に派遣されることが多い。日本のために働きたいという情熱と使命感に加え、途上国の厳しい環境でも勤務できるたくましさや、国際社会の多様な価値観に対応できる柔軟性が問われる。治安の悪い国では国の威信と日本人の生死をかけた、さまざまなトラブルにも対処するので、責任は重大だ。

こんな人におすすめ!

語学力があり、社交的であること。心身ともにタフである人

海外で生活する期間が長くなるため、一定の外国語能力は必要。さらに各国の文化や歴史・政治や宗教などを積極的に理解し、勉強する熱心さがなければならない。外交官は日本の「顔」として働くので、自国の文化・社会についても詳しく社交的な人物が望ましい。仕事内容に合わせて、臨機応変に対応する力やタフな精神、旺盛な好奇心が求められる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

外交官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:語学(外国語)、語学(日本語)、国際貿易学など
  3. 採用試験就職先:大使館、省庁、国連など
  4. 外交官
  • Point1

    「国家公務員採用総合職試験」「国家公務員採用一般職試験」または「外務省専門職員採用試験」に合格することが必要。「国家公務員採用総合職試験」は将来の幹部職員候補のため、難関試験となる。

  • Point2

    語学力は必要だが、外務省に入省してからも語学研修の機会があるので採用後も研修が続けられる。採用時点の語学力より、採用後に高いレベルを達成しうる粘り強さが重要。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「国際」に関する他の職種も
チェックしてみよう!