翻訳家(ほんやくか)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

翻訳家(ほんやくか)

どんな職種?

翻訳家(ほんやくか)

外国語の文学や映画の他、ビジネスに関する文書を翻訳

外国語の文章を、さまざまな言語に翻訳する仕事。翻訳家としてイメージされるのが書籍や映画の字幕などの翻訳。この場合は、原文に忠実に訳すだけではなく、文章の雰囲気を生かした翻訳ができるかどうかが大きく問われる。この出版翻訳および映像翻訳の他に産業翻訳があり、需要も大きい。産業翻訳とは、外国製の製品の説明書や契約書などのビジネス文書の翻訳のことを指す。翻訳者はフリーランスで働くほか、翻訳会社や制作会社に所属する場合もある。

こんな人におすすめ!

外国文学への理解の深さや言葉の表現力に優れていること

言葉を扱う仕事柄、人とコミュニケーションを取ることは得意なほうがよい。特に出版翻訳に携わりたい場合、出版社に作品を持ち込む他、有名な翻訳家に弟子入りするというステップも多いため、自分をアピールできる力が必要だ。さらに、日頃から読書をしたりニュースを見るなどして、外国語のボキャブラリーを習得する旺盛な知識欲や努力が求められる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

翻訳家(ほんやくか)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:外国文学、比較文化学、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:翻訳会社、一般企業など
  4. 翻訳家
  • Point1

    翻訳家になるには、まず語学力が必要。一般社団法人日本翻訳協会が実施している「翻訳専門職資格試験」の他、各言語の技能検定などに合格しておくといい。

  • Point2

    産業翻訳の場合、専門分野の知識が必要。また、パソコンの基本的な操作はできるようにしておきたい。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
「語学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!