通訳ガイドになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

通訳ガイド

どんな職種?

海外からの観光客を外国語で案内する、おもてなしのプロ

海外で訪れたい国として人気の高い日本。外国人観光客を対象に案内や旅のサポートを行うのが、通訳ガイドの主な仕事となる。外国語の会話能力は必須で、特に必要性が高いのは英語である。旅行者が興味・関心を示す日本文化や歴史、社会背景などに精通しておくことが大切だ。飲食、交通、両替などのアドバイスから旅行中のトラブル対応まで、幅広くこなせる応用力と、おもてなしの精神が欠かせない。日本政府観光局が認める「通訳案内士」という資格が普及し、外国人観光客の増加に伴って活躍の場が広がりつつある。

こんな人におすすめ!

日本の文化や歴史などを発信できる語学力が必要

語学に興味があるにとどまらず、日本の歴史や文化、経済から政治までを外国語で紹介できる高い語学力が求められる。日本を訪れた外国人が、正しい理解と良い印象を持って帰国できるよう、民間の立場でありながらも国際親善を行う意識と責任感が必要だ。ガイドはさまざまな場所を巡るので、途中のハプニングや予定外の質問などに臨機応変に対応できる力も必須だ。

通訳ガイドを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:語学(外国語)、歴史学、地理学など
  3. 国家資格:通訳案内士
  4. 採用試験就職先:日本観光通訳協会、旅行会社、旅行代理店など
  5. 通訳ガイド
  • Point1

    「通訳案内士」の国家資格を取得していると、外国語で観光案内業務を行う際に高い信用が得られる。通訳案内士試験では、TOEICや実用英語技能検定、その他の外国語検定で所定のレベルに達している者に限り、筆記試験が免除となる。

  • Point2

    通訳ガイドとして就職するには、一般社団法人日本観光通訳協会に登録して仕事をあっせんしてもらう方法や国内の旅行代理店に就職する方法がある。

「語学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!