通訳になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

通訳

どんな職種?

通訳

あらゆる分野での異言語間コミュニケーションをサポート

異なる言語を話す人たちの会話を仲介する仕事。国際会議や国際セミナーをはじめ、放送や商談、法廷など通訳の現場はさまざま。グローバル化が進み、日本を訪れる外国人はますます増え、ビジネスの面でも海外とのやり取りが注目されている。通訳の仕事は、異なる言語を話す相手同士がビジネスを円滑に進めるには必要不可欠であり、ニーズは増えるものと考えられる。現在、通訳として活躍する人の多くがフリーランスとして派遣会社に登録している。中には正社員で通訳者を抱える企業もある。

こんな人におすすめ!

豊富なボキャブラリーを生かし、人と話すのが得意な人

言葉を使ってコミュニケーションを図る仕事のため、人と接することが好きなほうがいい。通訳者として外国語のボキャブラリーの豊富さはもちろん、日本語を正しく使えるかどうかも大切だ。また、豊富な知識や教養の深さがあると通訳に深みが出るので、読書が好きだったりニュースを欠かさず見るなど、知的好奇心が旺盛なタイプのほうが向いている。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

通訳を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:比較文化学、語学(外国語)、語学(日本語)など
  3. 採用試験就職先:大使館、テレビ局、外資系企業、派遣会社など
  4. 通訳
  • Point1

    資格は不問だが、即座に外国語の通訳ができるようになるには相当の実力が必要。語学の習得を心がけ、語学検定にチャレンジしてみるのもいい。

  • Point2

    学歴も不問だが、一般常識は身に付けておきたい。通訳したい分野が決まっているなら、専門の知識についても勉強しておくとよい。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
「語学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!