日本語教師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

日本語教師

どんな職種?

日本語の会話や読み書きができない人に日本語を教える仕事

日本語が母国語ではない外国人に教えるケースが多い。「日本語教育能力検定試験」もあるが、資格そのものは必須ではない。活躍のフィールドは国内外に広がっており、日本に住む外国人や留学生に指導する場合もあれば、海外の日本人学校で教えたり、日本企業の海外工場で現地従業員を指導するようなケースも見られる。日本語の意味や文法、読み書きを正しく身に付けていることが原則で、効率よく学習できるカリキュラムづくりや、相手の国の言語・文化を理解した上での柔軟なコミュニケーション能力も重要になる。

こんな人におすすめ!

異文化を理解し、分かりやすく教える指導力

日本語教師は海外で勤務するチャンスもある。海外で働くためには国際感覚が豊かで語学力が必要であることはもちろん、現地に対応できる臨機応変さや適応力、外国文化を受け入れることのできる柔軟性が重要になる。また、生徒に日本語を分かりやすく教えることのできる指導力も求められる。

日本語教師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:教育学、語学(日本語)、国際文化学など
  3. 採用試験就職先:日本語学校、大学留学センターなど
  4. 日本語教師
  • Point1

    日本語教育機関で採用されるには大学で日本語に関する専攻を修了し、「日本語教育能力検定試験」に合格することなどの条件がある。

  • Point2

    民間の資格スクールが開講している日本語教員養成講座を420時間以上修了することで、文化庁が制定する有資格者基準を満たすことができる。

「語学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!