語学教師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「語学・国際」に戻る

語学教師

どんな職種?

語学教師

外国語を自在に扱えるよう、生きた言語を教える

生徒に外国語を教える仕事。生徒は子どもから大人まで、かつ日本人はもちろん外国人も対象となる。グローバル化する社会において、異国語を母国語とする人々と接する機会はますます増える。勉強や仕事、旅行など、さまざまなシチュエーションでコミュニケーションに困らないよう、外国語の習得を指導する。日本人が生徒の場合は、英語をはじめフランス語、中国語などを教える語学教室に勤めたり、個人で開業したりする。外国人が生徒の場合は、大学や日本語学校で日本語教育を行う。

こんな人におすすめ!

人と接することが好きで、思いやりを持って指導できる

指導はテキストに沿って行うが、基本的には教師と生徒との会話が基本となるため、コミュニケーション能力の高さが最も重要だ。生徒は子どもから大人まで幅広いことや、言語の習得には個人差があるので、語学教師には思いやりや根気強さも必要。ニュースや流行の話題は頭に入れておき、どんな生徒とも円滑なコミュニケーションができるようにしておくことが望ましい。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

語学教師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:外国文学、語学(外国語)、語学(日本語)など
  3. 採用試験就職先:語学教室、日本語学校など
  4. 語学教師
  • Point1

    語学検定で1級を取得するなど、各ネーティブスピーカーと同じように外国語を扱えることが必要。日本語教師の場合は、「日本語教育能力検定」に合格しておくと有利だ。

  • Point2

    外国に留学して、現地の風習や文化を実体験しておくといい。実際に指導する際、その経験を生かすことができるだろう。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
「語学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!