そのほかのビジネス・経営系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

そのほかのビジネス・経営系の職業

どんな職種?

経済戦略を立てるエコノミスト。M&Aの仲介をするアドバイザー

主に過去の膨大な経済データと現在のデータを基に調査と分析をし、今後の経済動向と情勢を予測・戦略を立てる経済の専門家に「エコノミスト」がある。経済学の基礎を学んだ後に大学院に進み研究を続けるか、金融機関や官公庁に就職するケースも多く、メディアで活躍する識者もいる。そのような経済情報を基に、企業の合併や買収を行うのが「M&Aアドバイザー」。アドバイザーは売り手と買い手の仲介役となり、双方の中立的な立場で助言を行い、契約成立を目指すため、法律と経営学を熟知していなければならない。

こんな人におすすめ!

世界の日々の経済情勢に関心を持ちロジカルな分析能力が求められる

経済やビジネスに興味があり、日々の日本、世界の情勢に目を向けている人が望まれる。会社を経営するにあたって必要な経営学の専門知識や、ロジカルな分析能力も必要となる。また、部下を動かすためのリーダーシップやマネジメント力も必須だ。海外進出を視野に入れるなら、ビジネス英語も身に付けておく必要がある。

そのほかのビジネス・経営系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経済学、社会学、ビジネス学など
  3. 採用試験就職先:金融機関、一般企業など
  4. そのほかのビジネス・経営系の職業
  • Point1

    目指す領域にもよるが、経済の知識が重要になるので経済・経営学系の分野を専攻するとよいだろう。

  • Point2

    高度な専門知識を身に付けることを目的に、大学院などで経済学の研究をする人もいる。