テラー(金融機関窓口業務)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

テラー(金融機関窓口業務)

どんな職種?

テラー(金融機関窓口業務)

金融機関の窓口業務として日常的に顧客と向き合う

金融機関の窓口で、顧客の応対をする仕事。銀行をはじめ、信用金庫や信用組合などで、預金の払い戻しや受け入れ、送金・振り込みといった為替の業務、口座振り替えなどを行う。他に、預金をはじめローンや年金などについて相談を受けたり、商品のセールスを行ったりもする。したがって金融に関する知識はもちろん、幅広い商品知識も必要だ。テラーは、顧客にとって大事なお金を預ける金融機関の顔。自分の対応で金融機関のイメージが左右されると意識し、常に笑顔での応対に気を配らなければならない。

こんな人におすすめ!

コミュニケーション能力にたけ、計算が苦にならない人

接客業務かつ、お金というデリケートなものを扱うため、人と接することが好きであることが重要。加えて礼儀正しさや、どんな顧客に対しても冷静に応対できることも求められる。業務に必要な知識は入社後に学ぶ機会があるため、知識を身に付けたいと思う積極性や、金銭に対しての責任感を兼ね備えている人が望ましい。もちろん、お金を扱う職業のため計算が得意であるほうがいい。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

テラー(金融機関窓口業務)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:金融学、経済学、経営学など
  3. 採用試験就職先:銀行、信用金庫、信用組合など
  4. テラー(金融機関窓口業務)
  • Point1

    テラーの技能を証明する資格に、「金融窓口サービス技能検定」がある。1~3級の試験内容は学科試験と実技試験となる。

  • Point2

    将来的に公益社団法人日本証券アナリスト協会が行っている基本的な知識を問われる試験への対策が求められる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「金融・不動産」に関する他の職種も
チェックしてみよう!