スポーツマネジメントになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツマネジメント

どんな職種?

スポーツマネジメント

スポーツをビジネスとして普及・発展させていく

スポーツのPRやマネジメント関連の企業の経営、スポーツイベントの開催・運営などに携わる仕事。プロスポーツ団体の宣伝活動、地域振興のイベントの開催、コーチや選手といったスポーツに携わる人々の育成など、業務内容は多岐にわたる。日本では主に、サッカー、バレーボール、バスケットボールなどのプロリーグでその取り組みが行われている。大学や専門学校で、体育学や経営学に関する知識を身に付けてから仕事に就くのが一般的。競技経験者がマネジメント側になるパターンもある。

こんな人におすすめ!

スポーツ団体の経営マネジメントに必要な企画力、発信力、遂行力があること

スポーツ団体やアスリートを深く理解し、広報・宣伝活動に必要な企画力、発信力を兼ね備えている人に向いている。業務内容が多岐にわたるため、複数の課題をしっかりと遂行できる能力も求められる。団体の経営マネジメントにも参画することもあるので、ビジネス経験があり、大胆な意思決定と行動ができると活躍の幅が広がる。

スポーツマネジメントを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経営学、体育学、スポーツ学など
  3. 採用試験就職先:スポーツマネジメント専門エージェント、企画会社、プロ球団運営企業など
  4. スポーツマネジメント
  • Point1

    スポーツマネジメントを取り入れた企業の事業内容などをチェックすると勉強になる。

  • Point2

    面接と筆記試験を行い、内定を得た後に研修に入ることが多い。スポーツ経験者や同業で評価実績のある人が活躍するケースもある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!