プロスポーツ選手になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

プロスポーツ選手

どんな職種?

プロスポーツ選手

さまざまなスポーツ分野でプロとして活躍する

野球やサッカー、ゴルフ、ボクシングなど多種多様なスポーツ分野で、プロとして活躍する仕事。試合や大会でよい成績を残せるように日々トレーニングを積む。また、けがや病気をしないように体調管理をすることも仕事の一つだ。実力主義の面が大きく、結果を残すためには厳しい競争が待っているが、一流選手になると世間からの注目が高まり、やりがいに直結するだろう。プロスポーツ選手になる方法は競技によって異なるが、スカウトされるケースや入団テストを受けるケースが一般的。また、ボクシングなどはライセンスが必要になる。

こんな人におすすめ!

技術向上に姿勢を絶やさない強いメンタルとファンを喜ばせるプロ意識が必要

一つの目標に向かって、日々練習やトレーニングに打ち込めることが重要。チーム競技、個人競技にかかわらず、実力社会なので、結果を出し続けることが必要不可欠な要素だ。その競技でお金を稼ぐという強い意志を持っている人が向いている。

プロスポーツ選手を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:スポーツ学、体育学、健康科学など
  3. 採用試験就職先:プロスポーツチームなど
  4. プロスポーツ選手
  • Point1

    取得しておくべき資格は特にないが、自分の技術をアピールし企業やスポンサーに認めてもらう必要がある。

  • Point2

    企業やスポンサーの目に留まるような実績を残し、プロテストやスカウトを受ける。競技によってはあらかじめ養成学校に入る場合もある。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!