スポーツトレーナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツトレーナー

どんな職種?

スポーツトレーナー

選手のコンディションを調整し、最高の状態を保つべく指導する

サッカーや野球などスポーツ選手のコンディションの調整を行う仕事。さらにトレーニングの指導だけではなく、傷害の予防や治療後のケア、栄養面・健康管理のサポート、応急処置など、選手が最高の状態で試合に臨めるようコンディションを整える、重大な役目を担っている。高校や実業団、スポーツクラブなど活躍の場は広く、アスレチックトレーナーや鍼灸(しんきゅう)をはじめとする医療系の資格を併せ持つことにより、選手のトータルサポートが可能となる。

こんな人におすすめ!

選手とコミュニケーションを取りつつ、柔軟にサポートできること

競技者出身が多いものの、スポーツが好きで指導技術に優れている人であれば、実力はあまり必要ない。運動理論やスポーツ医学などの技術や能力、専門知識を幅広く身に付けていることが求められる。また、選手を導く指導力や、とっさの際の素早い判断力はもちろん、チームやクラブのスタッフなどと的確に連携できる、コミュニケーション能力や人間性を磨くことが必須となる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

スポーツトレーナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:人間科学、鍼灸・柔道整復学、健康科学など
  3. 採用試験就職先:スポーツクラブ、整骨院、プロスポーツチーム、実業団チームなど
  4. スポーツトレーナー
  • Point1

    公益財団法人日本スポーツ協会の「公認スポーツ指導者」は、満18歳以上かつ各中央競技団体が定める条件を満たすことが受験資格。

  • Point2

    欧米に多く見られるコーチの養成カリキュラムが、近年日本の体育大学でも徐々に広まり、選手歴のない人でもめざしやすい環境が整いつつある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!